傷跡が残り難い

エステティシャン

縫合技術が高いから安心

独特な強い体臭になってしまう、いわゆる「ワキガ体質」に悩んでいる人は医療機関での治療を、検討してみてはいかがでしょう。ワキガ体質はワキの下などに集中して存在する、アポクリン腺という汗腺から出た汗によって引き起こされます。制汗剤などでケアしてもなかなか体臭が軽減されないので、コンプレックスに感じている人も多い体質です。ワキガの治療は形成外科や一般的な皮膚科でも行われていますが、もし銀座での治療を考えているのであれば、美容整形外科クリニックをおすすめします。美容整形外科クリニックといえば二重整形や豊胸手術など、美容整形をメインに行っているというイメージがあるかもしれません。実は銀座にある美容整形外科クリニックでは、ワキガを改善するのに特化した治療や手術を受けることができます。なぜ、形成外科や皮膚科ではなく美容外整形科クリニックがおすすめなのかというと、手術での治療となった場合に傷後が残るリスクが少ないからです。美容整形外科クリニックではより美しい状態へと導く美容整形を行っているので、メスを使う手術の場合は傷後が残らないよう細心の注意を払い縫合してくれます。縫合技術が高い医師が銀座のクリニックには多く在籍しているので、手術となるワキガ治療の場合はこのエリアでクリニックを探すのが良いでしょう。

ワキガ治療は多くの医療機関で受けられますが、銀座の美容整形外科クリニックでは、できるだけ傷跡が残らない治療が多く行われています。銀座、さらに美容整形外科クリニックということもあり、ただ単に体臭を軽減するだけでなく見た目の審美性を低下させないよう、そして傷跡が残りにくいよう細心の治療が採用されています。例えば、皮下組織吸引法や超音波法といったワキガ治療も、傷跡が残りにくいとして多くの患者さんに選ばれているようです。皮下組織吸引法は脇の下に数ミリ程度の小さい穴をあけ、そこからカニューレという管を挿入しワキガの原因となる、アポクリン腺をはじめとする汗腺を吸引する手術です。銀座の美容整形外科クリニックであれば、ほとんどで受けられる脂肪吸引という美容整形と、同じような感覚の治療となっています。手術となるので切開する必要はあるものの、切る大きさは数ミリですので術後に傷跡が目立つというリスクはありません。超音波法は従来の皮下組織吸引法では除去が難しかった、真皮層という皮膚の浅い部分にあるアポクリン腺を、超音波の作用で破壊・吸引する手術です。皮膚を1cmほど切開し超音波を発生させる器具を挿入し、超音波の振動によって汗腺類を破壊します。どちらも傷跡が残り難いということは、身体的なダメージも少ないということに繋がるので、ダメージが少ない治療法を選びたい人におすすめです。